美術教室に挑戦してきた!美術の成績「2」で劣等感まみれだった僕のリベンジ体験!

こんにちは。やまです。

今回は、美術教室に挑戦してきた話をします。

 

過去に失敗したことを、失敗体験で終わらせないで、

リベンジの大切さ、爽快感、メンタルが晴れる感じ、

そんなものを学ぶことが出来ました!

 

僕が発信しているブログやメルマガでの、

情報発信やアフィリエイトでも、

諦めなければチャンスがあるのに、自分で可能性を潰している人が多いです。

 

それを伝えたい!と最近はよく思いますが、

そう言うのであれば、僕自身が苦手な事にチャレンジしなければ!

と思って、今回は美術のワークショップにリベンジしてきました。

 

まさか、16人中の人気投票で2位になったのです!

苦手な事だったからこそ、超嬉しかった!

でも、正直挑戦するのは怖かった。

最後に作品を載せますが、その前に僕がどれだけ美術が下手だったのかを話します。

美術の成績が2だった小中学生時代に、落ち込んで絵を諦めた過去の話

もともと、僕は絵が大の苦手でした。

記憶を遡ると、はっきりと覚えています。

小学生の1、2年生の時に、ポケモンの自由帳を書いました。

 

ポケモンのゲームやアニメ、主人公のサトシが好きで、

将来の夢はサトシになる事でした。割と本気目で。

で、クラスの女の子がポケモンの自由帳に、キャラの写し絵を上手に描いていました。

 

「にいなちゃん」という女の子でした

ピカチュー、ミュー、ニャース、フシギダネとか、その辺だったと思います。

それを観て「にいなちゃん凄いなー!、僕も描いてみる!」

とやる気になって、描いたのがもう、劣化しまくりの絵でした。

 

にいなちゃんは優しかったので、何も言わなかったけれど、

自分で超下手で、格好悪いところ見せたなと落ち込みました。

 

で、家に帰って、絵の練習をしていた時、それを2つ上の兄に見られました。

兄は勉強もスポーツも、音楽も無敵のレベルでセンスが良かったのです。

 

いつも成績トップで褒められていて、

僕に話しかけてくる先生、友達、親戚も「お前の兄ちゃん凄い!」と言いつつ、

「お前は何もできないね!」と残酷な事を言われて落ち込む日課でした。

 

で、話を戻しますが、

兄が「お前、センスなさすぎだろ!俺が描いてみるよ!」

と言って、頼んでもないのに描き始めました。すると、それが超上手かったのです。

で、当時は描き方を調べるとか、そんな知識もありません。

 

ひどく落ち込んで、本当はもっと絵を描きたかったから諦めたのです。

小学生の時の図工の成績は、「がんばろう」という、最低評価でした。

中学生の時の美術の成績は、3年連続5段階の2でした。

 

僕「もう、絵なんてセンスないんだから、辞めたほうが良い!」

僕「さっさと諦めた方が早い!頑張るのは無駄だ!」

そんな風に投げやりに、絵から興味を放してしまったのです。

うつ病の時、心理カウンセラーに絵を描かされて、「絵が幼稚だから精神も幼稚!」と放たれた

僕は中学の時に、野球部でいじめられてうつ病になりました。

いじめ以外にも、吃音で言葉が喋れなかったり、

勉強も運動も出来なくて、失敗だらけだったことが、自己否定をマックスにさせました。

 

その時に、2週間くらい不登校になったのですが、

親から無理やり都会の心理カウンセリングに連れてかれたのです。

 

うつ病なのに、うつ病とは認めたくなかったので、

逆ギレしまくりましたが、うちは体育会系一家なので動じずに、連れてかれました。

その時に、心理テストと絵を描かされたのです。

で、僕は渾身の美術2を披露しました。

 

すると、カウンセラーが親の前で、

心理カウンセラー

「絵が幼稚過ぎますね!これはメンタルが弱っている証拠です!」

と、まさかの事を言ってきたのです。

 

その時は、心の中で「いや、俺は単に絵が超苦手なだけだからな!この野郎め!」

とショックを受けながらも、非常に冷静になっていました(笑)

またしても、絵はやめだ!挑戦してはいけない奴だ!

と、可能性あふれる14歳の年齢で、全てを諦めたのです。

 

でも、そんな僕は、苦手な事を得意に出来る確信を持つ事が出来ました。

きっかけが、ネットを使ったビジネスを始めた事です。

どんなに苦手な事でも、「知識、マインド、挑戦」で得意になれると学んだ

僕は「やま」という名前で、ビジネス系の情報発信をしています。

月収140万円を達成して、やまの情報発信の理念を語ってみた!

今は、会社を脱サラして、上京して起業をして1年以上が経ちました。

 

時間的な自由を手に入れて、大好きなスパや旅行をしながら仕事をしています。

人生で一番、今が充実の毎日になりました。

でも、もともと自分がこんな風に生きれるなんて考えられませんでした。

 

なぜなら、新卒で入った会社で仕事が出来なくて、

窓際族になって、仕事が出来ないレッテルを貼られました。

そうなると、常に「お前は使えないからな!馬鹿だ!」と言われまくるし、

おまけに、吃音とあがり症で、「朝礼、会議、プレゼン、上司への報告」で失敗の連続でした。

 

しかも、それなのに人手不足で、貿易担当から営業マンに異動したのです。

北海道から栃木に転勤をして、お客さんの前では名前も喋れなくて、

帰宅しては落ち込み、もう人生終わったと思っていました。

 

そんな僕でも、人生を変えたいとネットビジネスを副業で始めたら、

知識を学んで、それを実践した事で、営業で売れるようになりました。

苦手な事を初めて克服できたのです。

数100万円のものが続々と売れるようになって、信じられませんでした。

 

YouTubeで喋りまくって、営業でも揉まれたおかげで、

ずっとコンプレックスだった吃音が改善されたのです。

これも涙が出るレベルで、超嬉しかったです。

またしても、苦手な事を克服できました。

 

そんな感じで、ネットの副業でも、

1年半で月収40万円稼げて、会社を脱サラすることが出来ました。

脱サラ3ヶ月後には、月収100万円を突破できて、

 

あんなにダメダメだった自分でも、「知識、マインド、挑戦」によって、

続々と限界突破をすることが出来たのです。

そうなると、美術に強いコンプレックスがあったけれど、

 

「美術も、やればできるだろう!」

「せめて、人並み程度にはなれるだろう!」

「知識がないだけだ!慣れていないだけだ!」

 

と、強い気持ちで、自分の可能性を信じられるようになりました。

本当、ビジネスを始める事って人間を変えるんだなと実感しました。

僕の周りのビジネス仲間や教え子を見ても、同じように思います。

 

詳しい僕のビジネスに関するストーリーや経験は、電子書籍に書いています。

無料メルマガに登録してもらえれば、

有料の書籍をプレゼントしているので、興味があればぜひ下記のリンクから受け取ってください!

無料で電子書籍を受け取る

美術教室の内容を簡単に解説してみた!

右脳を引き出して、フロー状態を引き出し、能力以上の成果を出す前提

今回は、僕の尊敬する芸術家が滅多にやらない「ワークショップ」を開いたのです。

安くはなかったけれど、もう、飛びつくように行きました。

 

彼は、音楽、アート、小説で40年以上ご飯を食べています。

どんなに貧しいときでも、フリーランスを極めてきた人で、

世界も200カ国以上、波乱万丈の旅をしてきました。

 

僕は、以前からその方の情報を追って来ましたし、

コンテンツメーカーとしても、学べるところが多いのです。

で、今回のワークショップは「右脳を引き出す」テーマでした。

 

内容は、現地で知らされたので、

全く何の準備も出来なかったし、単なる絵の練習講座ではなかったのです。

 

僕たちの日常は、日本社会からの洗脳や過去の失敗、コンプレックスなので、

可能性が制限されている状態で生きています。

また、左脳の論理の脳ばかり使う事によって、右脳が全然使えない状態が起こります。

確かに論理はすごく大事だし、論理だけで、ビジネスでは十分に稼げます。

 

でも、実力以上の結果を立つ人は、右脳までも使える人と言われてきました。

天才F1レーサーのセナは、人間がコントロールできない車速でコーナリングをしてました。

脳科学的な「フロー状態」に入る事が出来ていたのです。

 

周りの雑音が聞こえないくらいの、集中モードに入っているのに、本人は冷静な状態なのです。

セナは、レースになると、

コーナーごとのギアの段階や、車輪の回転数まで把握していて、人間の能力を大きく超えていました。

 

バスケットのマイケルジョーダンが「ゾーン」に入っていた!

と発言した事から、脳科学者によって研究されて、

「フロー状態」と名付けられました。

セナはもっと早くに亡くなりましたが、彼はフローに入っていたと言われています。

フロー状態は、実は誰でも再現できるものと学んだ

でも、実は人間誰でも、フリー状態になることが出来ます。

どんな時か?というと、左脳の論理では全く対応できない時です。

ちなみに、映像を記憶したり、描写を想像するのが右脳です。

 

ワークショップでは、奇怪な絵を見せられて、どんな場面なのか想像させられたり、

単に「くせものめ!」と一言書かれた紙を見せられて、絵を描かされました。

もう、謎すぎて、パニック状態だったんですよ!(笑)

 

隣の人が描いた絵だけを見て、想像して、同じメッセージを持った絵を描いたり、

マジで右脳を使っている感が出てきて、楽しかったです。

 

で、モナリザを逆さで見せられて、写し絵を描いたのですが、

これも逆さじゃないと、左脳優先になって、小綺麗な絵を描いてしまうようです。

ちなみに、逆さは、絵が上手になる基本でもあって、

より注意深く絵を見るからこそ、下手な人が上手くなれるようです。

 

ただ、今回のワークショップでは、

「小綺麗な上手さなんて求めるな!感覚を研ぎ澄ませて、自由にキャンバスを描け!」

と言われて、僕はマジで自由に美術2の全力を描きました。

いやー、マジで楽しかったです。ようやく作品の方に移ります。

美術教室で描いた作品を載せてみた!

だいぶ、熱く語ってしまって、長くなっちゃいました。

で、初の作品を載せてみます。ツイッターに載せました。

 

うまく、2つを分けて埋め込めないのですが、

最初の方がモナリザで、これは講師の人がベタ誉めしてくれました。

講師「あはは、なんだこれ!すげー、危険そうな奴ができたな!」

俺はこれがめっちゃ好きかも!売って欲しいくらいだ!」

 

と言ってもらえて、最後の人気投票では2位でした。

正確なモナリザの再現だったら、絶対に最下位の方でした。

でも、評価してくれる人が多くて、めっちゃ嬉しかったです。

2つ目の方は、ワインとケチャップと、マヨネーズとかを使って、

「くせものめ!」

とだけ書かれた紙を渡されて、好きなように描くことでした。

これも、論理では到底無理なので、想像と感覚で「くせもの」を描きました。

 

それぞれ、みんな違いお題だったのですが、人の顔を描いたのは、僕だけでした。

僕は変わり者だから、特殊な事をやるのかもしれないなーと、実感しました。

でも、感覚の世界を自由に泳げるアートの魅力を強く体感しました!

 

これも、ビジネスと同じで、最初は真似を徹底して、

基礎が着実についた時点で、このような奇抜な事をやれば、

もっと良いものを創れるのかも!とワクワクしました。

いつか、個展を出してやる!という、ちょい前に出来た新しい夢を強く意識できました。

 

下記の記事にも、確かアートの夢も描いていると思います。

令和の意味を個人的に解釈!新元号の僕の終わらない挑戦を記事に書き留めてみた!

過去の失敗を、そのままで終わらせるは勿体ない!リベンジは超楽しいし、やるべき!

今回思い知ったのは、

やはり過去の失敗をそのままで終わらせるのが勿体ないということ。

失敗の経験が強烈であれば、挑戦する勇気を失うのです。

 

僕も色んな失敗や、他人から見下されたこととか、色々ありました。

でも、そんな奴「幼稚な奴だな!でも、あいつも完璧じゃないから許してやろうか!」

と思えば非常にメンタル楽になります!

 

で、失敗したことでも、もしも達成したいことあるのなら、

もう、出来るようになるまで、挑戦すると楽しいですよ!

先に「達成するまで辞めない!」と決めた方が僕は楽でした。

 

ブログやメルマガのビジネスもそうだし、音楽とかもそうです。

もともと才能なかったギターは今は僕の特技ですから。

才能なんて、いらないんですよ。

 

恋愛については、学生時代にしょうもない失敗を積んできたのですが、

学べばだいぶ変わりました。希望が出てきただけでも全然違います。

そんな感じで、僕は自分の人生を変えることが出来ました!

 

もちろん、まだまだ挑戦者ですし、

今後は、今までよりも貪欲に学んで、目標達成して、経験も増やす!と決めています。

だらだらしているよりも、行動している方が楽しいと、実感しましたからね!

 

では、だいぶ長くなっちゃいましたが、ここまで、ありがとうございました!

限定無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、強く自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける豊かな人を増やしたいという、
強い想いがあります。

メルマガでは、有料級の会員サイトをプレゼントしています。
興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント