ブラック企業の「人手不足」がどれだけカオスだったか、俺が教えてやるよ!

こんにちは、やまです。

ブラック企業の「人手不足」がどれだけカオスだったか、俺が教えてやるよ!

こんなタイトルで今回は話をします。

 

以前、勤めていた会社に僕は感謝をしています。

クソでカスだった僕を育ててくれて、本当に感謝の気持ちもあるのです。

 

ただ、それとは別で、

ブラック企業の人手不足で、大変な想いをしてきましたし、

日本社会はブラック企業が多いので、

より良い未来に貢献するためにも、事実を話すべきだと思いました。

 

ちなみに僕はブラック企業を脱サラしましたが、

インターネットを使ったビジネスの発信をしています。

自己紹介記事を貼っておきます。

月収140万円を達成して、やまの情報発信の理念を語ってみた!

ブラック企業の「人手不足」は、次のようなカラクリで起きるのだ!

まず、ブラック企業と人手不足のからくりについて話します。

「なぜ、ブラック企業に入社する訳?」って以前の僕は思っていました。

でも、会社は入社して働くまで中身が分からない訳ですよ!

 

僕は新卒で4年間働いた所が明らかなブラック企業でした。

「会社を辞めたい!」と上司に話しても、2回はもみ消されました。

営業マンだったのに、会社の携帯は支給されないし、

しかも、「プライベートでの交通違反をすると、会社に罰金を払わされる」のです。

 

ただでさえ、警察に罰金を払うのに会社にまで強制的に払うんですよ

もう、次から次へといろいろ出てきます(笑)

マジで頭おかしいなと思います。社員の財布から搾取するんですよ。

 

で、これだけでも一生働きたくないじゃないですか?

若者も管理職も大量に辞めていく会社で、深刻な人手不足に陥ります。

そうなると、老害が考えることは「意地でも辞めさせるな!」

と管理職を脅して、僕が何度辞めたいと言っても辞めれない事態になりました。

 

この話は、また別でしますが、

もうバックレるしか辞める選択肢がないこともありましたよ。

この話をすると、大抵びびられます。

ブラック企業の「人手不足」は現実をガン無視で、1人に2人分の仕事を平気で振る!

また、ブラック企業が人手不足の対応も恐るべしです。

なぜなら、平気で1人に2人分の仕事を振るのですよ。

 

いや、俺1人ですけど?と言っても、

「気合いと根性が足りん!」とか、マジで発言が老害です。

 

これも仕方ない部分はあるかもしれませんが、

農機の販売や整備の会社だったので、危険な仕事は多いですし、

1人で2人分は、下手したら機械を修理しようとする人間が壊れます。

 

もう、人間業じゃマジで無理です!

で、シーズンは残業や休日出勤もかなり多くなります。

しかも、くそ忙しいのにサボり気味のおっさんや老害は必ずいるのですよw

 

だから、頑張るのが馬鹿らしくなって、

まともな人が耐えられなくなるのです。

 

でも、特に給料は変わらない訳で、

元同僚が報酬の事を言ったら、ガチギレされていました。

要は、金は渡さない癖にありえないくらいコキ使うのです。

 

で、お金のない会社なら分かるのですが、

経営はマジで黒字で、年商数100億で利益率が高いので、超ムカつく訳です(笑)

だから、社員の心は離れて、どんどん会社を辞める!

そして、人手不足というルーティーンが末路でした。

 

ブラック企業は「人手不足」になる仕組みが出来ているのに、会社は気づかない!

ブラック企業で働いていた経験を振り返ると、

人手不足になる仕組みが不意に構築されていました。

 

・絶対に無理なノルマを与えて、達成しなければボーナス減給

・無給での仕事を平気で振る

・休日出勤の手当は絶対に渡さない

・家を建てた後にわざとか?というレベルで転勤させる

・鬱で会社を休む人を平気で見下す

・鬱は甘え!会社に来ないのは甘え!と言う

・会社を辞める奴はカスだと平気で言う

 

これでもだいぶ抑えて発言をしているのですが、こんな会社無理ゲーですよね。

辞めたくなるじゃないですか。

 

なのに、お前はお金が欲しいのか?休みが欲しいのか?

とか上層部から聞かれた事がありますが、

いや、そこは気持ちじゃないかな?と困惑しました。

どちらを貰っても無理ですね!と同期が怒っていたのを思い出しました。

 

上の箇条書きからも分かるように、給料がどうこうよりも、

とにかくお金を渡したくない感がひしひし伝わって来ていました。

 

まともな上司も沢山いましたが、

ワンマンの社長がクソだったので、どんどん汚染されていく感がありました。

ブラック企業の人手不足は直らない!僕はネットで副業を始めた!

ブラック企業の人手不足は、

経営陣が本気で何かを変えない限りは直りません。

辞める人は加速的に増えるのに、入社してくる人が減って来ていたのです。

 

僕は仕事自体は好きでしたが、

自分の身を守るためには、ずっと働くのが厳しいと思いました。

 

なぜなら、機械に体や指を挟まれて、労災になった状況が起きても、

会社は本人の不注意を攻めていたからです。要は労災も使いたくないんですよ。

 

趣味がギター、ブログの僕にとって、

指は超大事ですし、最悪の事態が起こる前に逃げなきゃなと思いました。

で、そんな時にネットを使った副業に出会いました。

 

このようにブログやメルマガのコンテンツを作って、

物やサービスを売る仕事です。

他人のものならアフィリエイトですし、自分の商品を出す選択肢もあります。

 

この出会いのお陰で、つまらない毎日が楽しくなりました。

新しい知識に触れて、それが心理学やコンテンツ作り、セールスやマーケティングなので、

会社での仕事にも活かせるし、ネットの方でもどんどん自分が強くなっていきます。

 

つまらない日常が劇的に変わりました。

毎日が楽しくなって、夜になると鬱になっていたのが楽しく文章書いたりする訳ですよ。

 

当時は、収益が出ないとか狭い視点でしたが、

目指すものが出来ただけでも、希望が出てきましたし、

知識を学んで文章を書くとなると、脳もフル回転します。

 

当時、吃音、コミュ症、上がり障で営業をやっていた僕が

口下手でも、単価の高い商品が売れるようになりました。

営業でダメダメだった僕がネットビジネスでコピーライティングを学んだら600万円のものが簡単に売れた話

 

1年半後には、月収40万円を稼いで、会社員を脱サラして上京しました。

脱サラ後は、燃え尽きて鬱になるも、

脱サラ3ヶ月後に月収100万円を達成しました。

 

怪しいかもですが、全く嘘は言っていません。

副業開始して、1年間は稼げませんでしたし、その1年はマジで長かったです。

そんな僕の詳しいストーリーやビジネス実践記を電子書籍にまとめています。

 

1200円で販売していますが、

メルマガ限定で無料で配布しているので、よければ受け取ってください。

電子書籍を無料で受け取る

 

では、今回もありがとうございました。

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、強く自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける豊かな人を増やしたいという、
強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。

書籍に感想をくれた方には、 3時間の有料級コンテンツセミナーをプレゼントしています。

興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント