退学したい共感されない悩みをどうするか。高校時代マジで退学したかった。

こんにちは、やまです。

今回の記事では、

「退学したいけれど、誰にも共感されないし、どうして良いか分からない」

という悩みに関して、お応えしていきます。

 

僕自身、高校時代に何もかも破茶滅茶で、

勉強も、部活も、人間関係の全てがダメダメで、

鬱や自律神経失調症、時には不登校なども経験した時代でした。

 

喧嘩をして停学になったこともありましたし、

親には泣かれたり、退学はしなかったものの、

何度も退学したいと、深く悩んだ事が幾度となくありました。

 

なので、退学したいという事についても、

深く共感できるんですよね。

退学したいと思うのは、学校教育を考えると無理もないと思う話

引用元:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E4%B8%8D%E5%AE%89&srt=dlrank

個人的に、退学したいと思うこと自体は、無理もないと思うのです。

学校教育は、全てにおいて普通である事が求められるので、

個性が強かったり、変わり者にとってはしんど過ぎる世界です。

 

僕自身、吃音と言って言葉が出にくい発達障害を持っていて、

人からバカにされたり、イジメに合うことも沢山ありました。

 

人と違う考え方や個性が認められない学校という場所は、

時には物凄くしんどいものなのです。会社も全く同じ事を言えますがね。

繰り返しますが、学校を辞めたいと思う気持ち自体を否定する必要はないのです。

高校は退学したいと思ったけれど、大学生活は最高だった

僕は正直、高校時代をもう一度過ごしたくはありません。

もちろん、今の精神や思考力の状態で戻ることは大歓迎ですが、

当時の生活をもう一度やり直したいとは、中々思えないのです。

 

もしも、高校を辞めていても後悔はしなかったでしょう。

しかし、僕は大学時代は最高に楽しむ事が出来ました。

 

苦手だったけれど、興味のある英語を学ぶ為に

「英文科」を専攻して、

自分のペースで授業を履修して、バイトや、留学、国際交流を体験できたり、

全国からやってくる学科の友人と仲良くなって、

広い視野や精神的な余裕を持つ事が出来ました。

 

そんな時に、田舎の高校時代の価値観は、

非常に狭く、生きづらかった事を思い出しました。

 

要は、「居場所」さえ変える事が出来れば、

割と人生って楽しくなったりするものだと気づいたのです。

 

なので、思い切って学校を辞めてしまうのも1つですが、

個人的には高校にしても、大学にしても、

卒業しておいた方が選択肢が広がると思います。

 

最低限の出席数で卒業とかもありかと思います。

夢ややりたい事が明確で、

そこから絶対にブレない自信があるのであれば、

迷いなく退学しても良いでしょう。

 

でも、なんとなくでも、学校に行くことは出来るのであれば、

なんとなく卒業してしまうことをお勧めします。

ネット上で自分の居場所を作れば、何か見つかるかもしれない

今の時代はネットやSNSが流行っています。

僕は高校時代に、モバゲータウンというSNSに大量に悪口を書かれて、

とてもショックな経験もしているので、もともとSNSなんて嫌いでした。

 

しかし、学校の人には別に自分のアカウントは教えなくても良いのです。

自分の願望、想い、価値観などをブログやSNSに書いていれば、

同じ価値観を持った人と繋がる事が出来ます。

 

だから、学校に友達がいなかったとしても、

ネットでは同じ想いの人と繋がる事ができて、

その居心地が良くなったら、割と学校に行く元気も出たりします。

退学したいのであれば、ブログやSNSでビジネスを始める道もある

退学をしたいのであれば、

ブログやSNSでビジネスを始める道もあります。

退学したいと思ってしまうことは、

学校の部活動や交流などは全てつまらない状態だったりしますよね。

 

であれば、ブログやSNSで情報発信をして、仲間を作りつつ、

ビジネスを始めることも選択肢としてありかと思います。

WEBライターとして、文章を書いてお金をもらうことだって出来ます。

 

パソコンやスマホで、文章を書いたり、

アフィリエイトと言って企業の商品やサービスを紹介することも出来ます。

 

英語に興味があれば、英語学習ブログを作れば良いですし、

引きこもり体質なのであれば、

引きこもりの価値観をひたすら書いていけば良いのです。

 

僕は自分で情報発信やアフィリエイトを実践しつつ、

人に教える立場でもありますが、色んな人を見てきて、

ネットで活躍する人は、学校や社会と合わなかったとしても、

だからこそ、ネットを使ったビジネスに夢中になれる人も多いのです。

 

僕自身ネットで発信をし始めてから、

吃音が改善されたり、

自分で稼げるようになって自信がついたりと、

人生が変わる局面が何度もありました。

 

なので、個人的にはビジネスはオススメですね。

出来ることが増えると、楽しいものですよ。

退学しても人生はどうとでもなる事も覚えておいて欲しい

ちなみに高校を退学しても、

人生って割とどうとでもなりますよ。

 

僕の高校の同級生で、退学した友達は、

漁師や建築業で、今や家族を持ってしっかり働いています。

 

また、幼なじみは、

高校を一度辞めたけれど、他の高校に入り直していました。

そんな風にやり直す事だって出来るのです。

 

個人的に、

人生って無理にも平均的なレールを辿る必要なんてないと思っていて、

時には引きこもりやニートの時期があっても良いと思うし、

合わないと思った場所は無理に続けなくても良いのです。

 

たとえ、借金をしたとしても、

最終的に返したり、自己破産という選択肢だってあります。

 

僕の実家は漁師をしていますが、

一番商売がしんどかった時は3000万円の借金があったそうです。

 

それでも、全額を返し終わって、

今は黒字の経営を10年以上に渡ってできている訳です。

 

日本は豊かで平和な国なのに、

本当に人を不安にさせる情報ばかりが出てきます。

周りもとやかくうるさい国ですね。

 

でも、なんとかなる!って事だけは、

覚えておく必要がありますよ。

では、今回は以上になります。ありがとうございました。

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、強く自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける豊かな人を増やしたいという、
強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。

書籍に感想をくれた方には、 3時間の有料級コンテンツセミナーをプレゼントしています。

興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント

1 個のコメント

  • 英雄故事 より:

    こんばんわ
    ランキングから来ました
    人生はなんとかなっちゃいますよね~

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です