映画「イエスマン」の感想まとめ!「異世界を体験する価値を教えてくれた。」

どうもこんにちは。やまです。

今日は、映画「イエスマン”YESは人生のパスワード”」がとても面白くて

僕のやっているネットビジネスと深くつながる部分も多かったので

レビューしていきます。

 

ジャンルはコメディーの映画で、

笑いを堪えるのが大変なシーンも多々ありますが、

その中にもすごく大切なメッセージが込められています。

イエスマンの映画監督自身の体験を基に作られた作品です。

 

この映画の感想を一言で表すとするなら、

異世界を体験することが毎日に刺激を与え、

人生を楽しいものにするということです。

 

僕自身、ブログやメルマガを使って、

情報発信でビジネスをしているのですが、

YESマンのように人生が超充実するように変わりました。!

月収140万円を達成して、やまの情報発信の理念を語ってみた!

 

一応、プロフを載せておきます。

では、今回の本題である、イエスマンの感想をまとめていきます!

映画「イエスマン”YESは人生のパスワード”」のあらすじをまとめた!

主人公カールは妻と離婚をしてしまってから全てに興味を失ってしまった。

友達や同僚からの誘いは全て断っていた。

 

それも日程すらまだ言われていないのに「予定がある」と言い放つ!

もう、即お断りみたいな感じです!

 

仕事は銀行員の融資担当で、お客さんが審査に少しでも足りない部分があると、

冷静に「融資はできません」と客に対応をする。

特に何の変化もないつまらない毎日を過ごしていた。

 

全てに拒否反応を示している!と言っても過言じゃないくらい、

NONONONONO!と言っていたのです。

ただ、日常への不満はどんどん溜まっていくのです。

 

友達からの誘いも、銀行での仕事も

相手の言うことに対してNOと断ることが多くなり、

親友の婚姻パーティーも忘れそうになるくらい

カールはだんだん危うい状況になってきた。

 

そんな時に友人からの誘いにより、

怪しげな主催者が開くセミナーに行くことになる。

そのセミナーでは相手が言うことに対して

全て「YES」ということが人生を変えるということ。

 

セミナー中に主催者が言うことに対して、

聴衆は狂ったようにYESと連呼する。

それに乗らなかったカールは講師に目をつけられ、

セミナー後にはどんなことにもYESと言うことを約束した。

 

カールが全てイエスと言って、

拒んできた様々な体験をして人生が変わっていくのです!

映画「イエスマン」の内容まとめ「カールがYESを徹底して人生が変わる!」

セミナー後にカールは約束を徹底して守り、

どんなことに対してもYESといった。

この辺は、観ていてなんだか気持ちが晴れる部分です!

 

・ホームレスへの募金。

・銀行の仕事ではどんな相手にでもYESと言ってお金を貸す。

・休日出勤も喜んで!と言って拒まずに出る。

・会社の仮装好きな上司の仮装パーティーにも参加する。

・YESとしか言わないカールへ無茶振りする悪友の無茶振り

・広告には全てYESと言って韓国語、バンジーシャンプ、ドゥカディを乗り回す。

 

とにかく今まで拒んできたものを全てYESと言って受け入れた。

すると仮装パーティーに参加したことにより

上司の評価が上がり出世したり、

韓国語、バンジーシャンプ、ドゥカディと様々な体験をすることによって、

つまらない毎日がとても刺激的になった。

 

再婚をした元妻が新しい夫と喧嘩をして、

呼び出されて、

夜の方を誘われた時はさすがに拒んだ。

 

でも不思議なことにNOと言った後は

急に階段で転びまくったりと悲惨なことが

連発して起こってしまう。

だからか再び極力全てのことに対してYESと言う。

 

たまたま行ったバーのライブで音楽の歌い手をやっていた

アリソンと惹かれ合い、

彼女と共に遠方の国に旅に出たり、

様々なことに挑戦しながら楽しく過ごす。

 

これ以上は全てネタバレになってしまうので、

是非、映画を見てもらえればなと思います。

映画「イエスマン」の感想まとめ!主人公のように、昔の僕も拒否してチャンスを逃してきた。

映画「イエスマン」の主人公カールを観ていて、

昔の自分と全く一緒だなと思いました。

僕はもともと、吃音と言って言葉が出にくい持病がありました。

 

小学生の時に、学校で「お前の喋りは障害者だ!」

といじめられた事もありましたし、

人前で話す時に、大きな失敗をしてしまったのです。

 

それが原因で、

大学の頃に入っていた軽音楽部の部長に任命されても、

拒否ってしまったりとか、

 

また、その軽音楽部のライブに多くの外国人が来てくれて、

英語でMCを頼まれた時に全部断ったりとか、

過去の失敗から、自分のチャンスをことごとく拒否してきました

 

その後、会社に入ってからも、

いやいや仕事をやるばかりで、ミスが多くて窓際族になり、

本当に辛い毎日をおくっていたのです。

 

だから、このイエスマンを観ていて、

すごく過去の自分と重なる部分が多いなと、

もう、自分ごととして、考えました。

 

でも、僕は自分でブログやメルマガを書くようになってから、

大きく変わる事ができました。

映画「イエスマン」の感想まとめ「怖くて躊躇したくなる異世界こそが大きな進歩となる」

続きますが、この映画の全てに対してYESというのは、

さすがに現実離れしていますが、

躊躇したくなるような異世界が人生を変えることには、大きく共感できました。

 

僕のやっているネットを使ったビジネスでも、同じく言えます。

家で1人でパソコンをカチカチするだけで起業ができるという、

もう異次元な世界で、金銭的なリスクもゼロなのです。

 

でも、興味があるけれど周りがやってないから

挑戦する気になれなかったり、どうせ自分になんか無理だよと諦めてしまう。

そんな人がとても多いのです。

 

実際、最初は僕も自分には多分無理だろうなと

半分諦めたような感じでゼロから学んで続けてきましたが、

ビジネスを始めたことにより、

新しい知識や出会いによって毎日が充実するように変わりました。

 

毎日会社で同じことの繰り返しでつまらなく、

ほぼ詰んでいたような毎日が、気づけばすごく充実して楽しくなって、

今までよりは数倍も濃い日常を過ごせるようになりました。

 

・会社の窓際族として顔が死んでいる毎日が、ものすごく楽しい日常に変わった!

・面白い文章を書くために、コンテンツ作り、ライティングを学ぶ!

それが日常のコミュニケーションに活かされて、人間関係がよくなった!

・読む人から興味を持ってもらうために、心理学を学ぶ

・アウトプットを積み重ねていると、吃音なのに売れる営業マンになった!

・自分の力でお金を稼ぐ経験を得て、大きな成功体験で自信がついた!

・会社員を脱サラして、東京に上京し、切磋琢磨することができた!

などなどが、挙げられます。

 

最初は会社で働きながら、副業としてやっていたのですが、

月収40万円を稼げるようになって、

会社員を脱サラして、上京することになりました!

 

詳しい僕のストーリーに関しては、電子書籍に書いていて、

無料メルマガを登録してもらえれば、

定価1200円の書籍を無料でプレゼントしています。

無料で電子書籍をプレゼント

 

で、このように、イエスを出して行動してみれば、

人生を変える事が、どんな人にも出来ると僕は思っています。

 

僕の考えは、興味があることに関しては

怖くてもやったもん勝ちだと思っていて、

 

やってみてもしも自分に合わなければ辞めることもできますし、

やってみて辞めたことに関して、後悔も薄いと思いますが、

後でやらずに後悔することだけは本当に勿体無い事です。

 

とは言え、僕自身もやってみたいけれど躊躇したくなる事は

毎日の中で多々あるので、

この映画を見て改めて怖いくらいの異世界には

失敗も上等だぜくらいの心構えを持って、

積極的にどんどんチャレンジしていきたいと思いました。

映画イエスマンの感想まとめを動画で話しました!

ということで今回は以上です。

ありがとうございました。

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、強く自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける人を増やしたいという、
強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。


興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント