CA(客室乗務員)が副業の相談をしてきた!花形の仕事なのにネットビジネス?

どうもこんにちは。やまです。

先日、大学の友達のMai(偽名)という友達と飲みに行ってきました。

僕のやっているインターネットを使った起業というものに

とても興味深々で、詳しく話を聞きたいと言ってくれました。

 

女性はフラットな視点で新しいことを知ろうという人が多いと言いますか、

今回紹介する彼女もそうですが、優秀な人が本当に多いなとよく思います。

 

メルマガの読者さんも、

銀行員や医療系の方から相談が来ますが、

彼女らは、仕事が丁寧だったり文章も上手なので

女性は全般的にポテンシャルが高いと僕は思っています。

 

CA(客室乗務員)という狭き門で世間的イメージも抜群の天職が副業に興味を持つ理由とは?

で、先ほどのMaiは、誰もが知る大手航空会社のCAとしてバリバリ働いていて、

大学時代も学力1位で優秀だったし、

CAになるくらいなので、男子からも美人と評判でした。

 

留学を経験していて英語もペラペラですし、

今では国際便のCAとして世界を飛び回り、

1言で言うと優等生の高スペック女子って感じです。

 

それに反して、僕は大学時代の前半は学科で英語最下位レベルからのスタートだったので、

住む世界が違ったと言いますか、もう天と地の差ですよね。

振り返ると僕って常に全てが底辺から始まってるなーとw

 

そんなハイスペック女子と関わることはなかったのですが、

たまたま、大学2年生の時の冬から一緒にバンドを組むことになって

僕は軽音楽部に入っていたのですが、それとは別に英語学科の人たちから誘われて、

最初は、僕はベースはやらないと断ったのですが、やっぱりやるわ!と入隊しました。

 

で、ライブを何度かこなし、仲良くなって今でも親交があります。

僕がインターネットで起業しているということに、とても興味を持ってくれて、

先日、東京の蒲田という場所で一緒に飲みに行ってきました。

大学卒業振り会ったので、5年振りかな?というくらい久しぶりの再開でした。

 

会う前に、ふと思ったのが僕の大学時代と言えば、

アホみたいなことばかりやっていましたし、

単に馬鹿をやって爆笑されるキャラみたいなのが定着していたので、

副業や起業について聞かれるっていう心境が複雑だなーとw

 

で、久々に蒲田駅で待ち合わせをして、

最初は、MaiがTOEICの対策本を探すから一緒に来てと言われ、

もう十分な点数を持っているはずなのに、向上心すげーなと感心しました。

 

僕も今は、TOEICは800点くらいまで、

社会人の2年目くらいの時に、転職してやる!って意志で学んで到達できましたが、

彼女は、大学2年生くらいから700点とか超えていましたし、

その時の僕はわずか300点とかで、英語が本当に苦手でした。

バンドを組むようになってからも一方的に英語の師匠と呼んでいました。

 

で、話は逸れましたがダイニングバーに着いて、早速、

Mai「ねえ、会社辞めて起業してるんだってね!凄いなー色々話聞かせてよ!」

と言ってきたのですが、

 

僕「インターネットを使った副業について前向きに質問してくれるのは嬉しいよ!

身近な男友達ほど、みんなに敬遠されるから、俺もあんま話さないの

でも、Maiは華のCAで海外飛び回っていて、待遇も良さそうだし、それでも副業するの?」

と僕の中での1番の疑問を先に聞いてみました。

 

CA(客室乗務員)の仕事は華のイメージだけれど、体力的にかなりしんどくて、ずっと続けるか葛藤していた。

Mai「仕事があまりにも激務過ぎて、あんな体力勝負の仕事をずっと続けるのは無理だよー。

空の上で常に丁寧な接客は、本当にストレスで頭おかしくなりそうだよ。

景気が悪くなれば、いつ切られるかわからない業界だし、

確かに世界中飛び回れるのは楽しいけれど、ずっとはやりたくない!」

 

いつもは陽気で話すMaiがこの時ばかりは本当に辛そうな顔だった。

僕も東京に来てからは飛行機に乗る機会がすごく増えたのですが、

客として1回乗るだけでも、相当疲れます。それも国内便だけで。

 

でもMaiの場合は、飛行機の中で質の高い接客サービスを提供したり、

外国人相手には英語で話すので頭も使いますし、

何より8時間とか12時間も飛行機の中で働いていると思うと、

そりゃ心身が悲鳴を上げるのもわかるなと、思いました。

 

これに続けて

Mai「日本は女性の転職市場とか、

その後の昇給とかが男性に比べてまだまだ厳しいことが多いから

自分で稼げるスキルをつけたいと思ってたんだよ。

まさかの身近なやまが既にやっていることだから、是非話だけでも聞きたいなって!」

 

と、僕に言ってきて、

すごく自分の人生について真剣に考えているなと思いました。

はっきり言って、彼女は僕よりもかなり優秀な人材です。

 

大手CAへの転職の面接で1発で受かるコミュ力を持っていたり、

大学では、かなり優秀だと知られていましたし、

ですが、プライドがなくて素直なところまで兼ね揃えています。

 

で、僕は普段やっているブログやメルマガでの情報発信や、

情報発信や仕組み化、ライティングの技術があれば、

女性の転職でも重宝されるし、自分でも仕事をとることができるよ!とか、

 

どういう仕組みでインターネットで収益を生むことができるのかとか

アフィリエイトに関してだったり、

DRMという集客、教育、販売を全て自動化して稼ぐ手法とかもう色々教えました。

すると、もうかなり感激した表情でもうすごく感謝されました。

 

Mai「ねえねえ、どこでそんな情報を得てきたわけ?

いつの間にかもうビジネスの先生みたくなってるんじゃん!凄い!

私も頑張ろうと気持ちが高まったよ!本当にありがとう!」

 

と言ってもらえて、僕もすごく嬉しかったですし、

変に隠さずにしっかりと教えて良かったなと思いました。

CAとか銀行員とか社会的に優秀な人はネットビジネスを怪しいとは言わず、素直に知ろうとする

CAや銀行員、看護師からの相談を受けましたが、

まぁ、肩書き関係なく女性の情報感度ってすご高いなと思います。

普通は、ネットビジネスと聞いた瞬間怪しいだろって言ってきすし、

僕自身も怪しいだろ!とか詐欺だろ!とか決めつけていたからです。

 

だから、最初はネットビジネスを怪しいと思うこと自体を否定する気は全くありません。

ラーメン屋とかのように、聞いただけでどんなビジネスモデルかイメージできないので、

こればかりは仕方ないのです。

 

ですが、女性に関しては、

自分の将来について会社に依存的じゃない人が多いですし、

今後自分がどう生きていくかということを真剣に考えているのです。

 

僕は、そんな学ぶ意欲の高い女性を応援していきたいと思いますし、

今後も喜ばれるような発信をしていきたいと思います。

では、ありがとうございました。

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、強く自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける人を増やしたいという、
強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。


興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント