月収140万円を達成して、やまの情報発信の理念を語ってみた!

はじめまして。やまです。

僕のブログに足を運んでくれて、ありがとうございます。

 

吃音、コミュ障、あがり症、勉強もスポーツも劣等生、

新卒で入った会社でも仕事が出来な過ぎて、

仕事の日の朝には胃液を抑えるくらいまで、落ちぶれました。

もう、人生を諦めるという状態まで追い込まれました。

 

新卒3年目の時にネットビジネスに出会い、

副業でビジネスに取り組んで月収40万円を達成して会社を辞めることに決めて、

脱サラして上京し、たったの3ヶ月目で月収100万円を達成しました。

 

僕がビジネスに出会ってから、

コンプレックスまみれの闇に包まれていた日常が一気に好転しました。

箇条書きで僕の変化を書いていきます。

 

 

・ブラック企業勤務で仕事ができないレッテルを貼られていたが、

ビジネスを学んで自分で月収40万円稼げるようになって気持ちに余裕が生まれた。

 

・吃音、あがり症、コミュ障なのに営業マンになって自己紹介すら出来なかったのが、

単価数100万円、数1000円の商品を押し売りせずとも売れるようになった。

 

・会社を辞めるために初めたネットビジネスで学んだ心理学、セールス、マーケティングのおかげで

同僚からもお客さんからも必要とされる存在になれた。

 

・会社に命じられる転勤がもう嫌だったため、脱サラして上京することにした。

 

・平日の午前中からスパに篭って、温泉を楽しみながらコンテンツ作りをしている。

 

・コンテンツマーケティングを学んだおかげで、

アーティスト、農業従事者、エステ、ファッションコーディネーター、セラピストなど、

ありとあらゆる業種から相談やコンサルティングの申し込みが殺到するようになった。

 

・読者が沖縄や名古屋、大阪、長野など、全国から会いに来てくれるようになった。

 

・突然その時のノリで新島へ旅行に行ったり、実家の北海道に帰ってリフレッシュがいつでも出来る。

 

・大学時代に英文科なのにTOEIC200点台という、

底部から這い上がってTOEIC800点、英語も話せて旅先では外国人の友達がよくできる。

(英語で文化の共有や議論するのが好き)

 

・就活しなくても、気づけば「うちにおいでよ!」という会社がだんだん増えている。

 

・元トップセールスマン、外資系企業のマーケッター管理職、エステ法人社長など、アフィリエイトで月収40万円のフリーランスなど、

読者の方のレベルが高くなってきている(初心者で元気のある方は大歓迎です。)

 

・最高の月の確定額が140万円だけど、あくまでも最高実績で安定はしていない。

コンテンツと仕組みを強化して、安定した年収3,000万を本気で目指そうと挑戦することに決めた。

ざっと言うとこんな感じになっています。

最近では、スペックが高いね!とか言われる事が多いのですが、

冒頭でも話した通り、元々は何をやってもダメダメ人間でした。

 

何をやってもビビるくらいセンスも才能も成功体験もなかった。

僕には2つ上の兄がいる。

成績は常に学年トップで、野球部ではキャプテン、

大学も北海道で1番の国公立大学に現役合格、

就職は完全ホワイトで潰れる気配すらない銀行で高収入という、順風満帆なだけに、

 

その一方で、僕は勉強はできなくて

・通わされていた英語塾でも過去最下位の劣等生、

・田舎の小学校の野球部なのに、後輩にスタメンを奪われまくって馬鹿にされる。

・中学も無理して野球部に入り、いじめられて鬱病と自律神経失調症を経験。

 

会社では、外資系の農機ディーラーに入社したけれど、

・入社して1ヶ月で仕事ができないレッテルを貼られる。

・吃音がひどくなり、電話対応、朝礼、プレゼンと全部失敗して、社長からブチ切れられる。

・会社を辞めたいと言っても「お前なんてどこでも使い物になんねーよ!」辞めさせてもらえない。

・しまいに、上司や先輩のミスも押し付けらて、社員100人の前で謝罪をさせられる

・仕事の前の日の夜には、会社が嫌すぎて時間よ止まれ!と願う。

朝には胃液が上がって、吐き気を抑えながら会社に行く。

 

もう、本当にやばかったな。

そんな中、会社も辞めれずにいやいや働いていると、

フォークリフトの冬道運転で、思いっきり滑ってしまい会社のシャッターをぶち壊す。

 

救いようのないゴミのような目でみんなから見られた。

もう、死んだほうがいいのでは?

とご飯も食べられないくらい落ち込みました。

 

しかも、営業マンへ転勤しろ!との辞令が出て、

吃音、コミュ障、あがり症で社員間のコミュニケーションもままならないのに、

北海道から栃木県へ転勤して、営業マンになることになった。

 

営業なんてできる訳がなかった。

でも、心の奥底には吃音で喋りを仕事にすることを諦めたくない!

自分を変えたい!このまま人生を終わりにしてたまるか!

という挑戦心があったからこそ、拒否権も与えられた転勤を受けた。

 

そんな時に、とても運良くネットビジネスの存在を知る事ができて、

ビジネスで稼げるようになって、脱サラしたい!という気持ちも芽生えた。

 

格好良く聞こえるかもしれないが、

当時は、単に会社から逃げる正当な手段を見つけただけだった。

 

それでも僕は、「必ず2年以内には脱サラしてやる!」

という想いを胸に、

副業が禁止だろうが、副業となるのは収益が出てからの話なので、

仕事で死にそうになりながらも、ネットビジネスを始めることにした。

吃音の営業マンで名前すら喋れない、後悔の日々から奪回できたのは、ビジネスを始めたから

北海道から栃木にまで転勤したのはいいけれど、

知り合いもいなくて、仕事に行けば吃音が酷くて客からも

「お前に営業のセンスはない!」とぶった切られる。

 

正直、死ぬほど辛かったし、夜も眠れずに過ごした。

次の日の朝には胃液を抑えながら、会社に向かった。

しかも、売り込みとか苦手なタイプだったので、

数千円のものですら売れなくて、本当に落ち込んだ。

 

19時とか、20時にへとへとで自宅に帰宅するのだ。

で、1ヶ月間調べて、怪しくない真っ当なやり方もある!

と知ってから、ブログを作って記事を書いてアドセンスに申請なんて事をやっていた。

 

MAC miniがワイヤレスキーボードとの接続だけで30分もかかる

圧倒的に悪い作業環境とヘトヘトの体調の中、

なんとか、毎日700字くらいだけでもブログを書いていた。

 

今考えると、このたった700字が今の僕を作ってくれた。

最初はゼロから始まるもので、

あの時の事を考えると、絶望の中でももがき続けていたんだ。

それが毎日の700字

 

もちろん、今では3,000字、5,000字と余裕で書くことはできるけれど、

最初は700字すらヒーヒー言いながら書いていた。

 

グーグルアドセンスすら11回も落ちて、収益はゼロを記録するままでも

そんな700字がいつかは、月収10万円、30万円に変わるかもしれない!

という微かな希望を持っていた。

まさか、本当に会社を辞めれるところまでくるとは、この時は想像できなかった。

無料の情報収集に限界を感じて、ビビりながらも自己投資をやってみた。

ビジネスを学ぶ方法を調べると、情報商材を買うことになる。

ビジネス系となると本でも3,000円とかになるし、

Note、コンテンツなどを買いたいという気持ちを持ちながらも、

中身が見れないし、怪しい、、、と憤った。

 

でも、もうこれだけ人生が積んでいたということや、

稼いでいる人とスカイプをしたり、会ったりしてみたけれど、

全員、教材を買ったり、コンサルティングを受けたりと自己投資をしていた。

 

僕自身、英語を学ぶために大学の4年間は奨学金という借金や、

ハワイ留学のお金はバイトで貯めたり、

奨学金は自分で返すからということで、高いギターを買ったりと、

とりあえず、僕は貯金をしないタイプだった。

 

で、ドキドキしながら単価が2万円、5万円、10万円、30万円と

どんどん教材、セミナーやコミュニティ、にお金を投資していった。

すると、難しいイメージしかなかったビジネスというものが、だんだん分かるようになってきた。

ネットビジネスで学んだセールスの知識を活かしたら、600万の成約が出た。脱サラも本気で挑戦しよう!と誓った。

ネットビジネスでセールスを学んで、

内心、本当かよ?と思いながらも勉強はしていた。

そんなときに、「そういや、俺は営業マンだし、ネットで学んだ知識は活かせるのか?」と疑問が湧いた。

 

農機の単価は、車と比べてもかなり高い。

無理だろって思いながらも、

新人営業マンながら、農業法人の社長のところへセールスをかけに行った。

2回目のアポの時に、自分なりに戦略を立ててやってみると、

「まさかの600万円の主力商品が売れた!」

 

これには上司も同僚も、部長もみんな驚いた。

よくある、新人のビギナーズラックという話で流れたけれど、

僕はまぐれじゃないことを体感して、

ネットビジネスで使われている情報の価値に気付いてしまった。

 

だって、文章だけで数10万とか、数100万円の商品を売る世界って

どう考えても対面セールスよりも難易度が高いと考えたからだ。

当時の僕も数千円のものですら、アフィリエリンクを貼っても売れない売れない。

 

だからこそ、

「次はネットでも稼いでやる!!稼いで脱サラするんだ!今やらないと、一生後悔しないか?

今まで、絶望の中、ギターも英語もある程度はできたから、ビジネスもきっとやれるはずだ!!」

と胸の中で燃え上がる想いが湧いてきた。

どんなに勉強、行動、自己投資しても結果が出なかった1年間。

僕は1年間、ネットの方では収益が出ませんでした。

半年を超えた頃から、不安感に襲われたりと落ち込むこともあった。

でも、明らかに会社での仕事の営業成績や、人とのコミュニケーション、

吃音で喋りのコンプレックスだったのに、

 

会社の研修でもプレゼンを真っ先に手を上げて喋ると、

「人が変わったように喋りがうまくなったな!」と褒められたり、

明らかに人生は好転していた。

 

なぜ、ネットで結果が出なかったのか?

と振り返ると、知識不足と結果が出る事から逃げて、大事な部分をやってこなかった。

ただ、それだけのこと。でも、当時は気付かなった。

今なら視える部分がほとんどみえなかった。

 

それでも1年が経った後くらいから、

月収が1万円→5万円→10万円→30万円→40万円と徐々に上がっていった。

正直、今考えると脱サラするには知識も実力も全然足りなかった。

 

でも、僕はコンテンツマーケに関してはかなり学んだことから、

商品を置いてなくても、「こんなのを作って売って欲しい!」とか、

「コンサルティングをしてくれないか?」という声がセールスをかけていないのに、

ちらほら上がるようにもなった。

 

また、会社を辞めるとしたら、そのタイミングしかなかった。

上京してレベルの高い人と絡みたい!という気持ちもあったし、

また、どこかへ転勤になったら、会社をすぐに辞めるわけにはいかなくなる。

 

そんなことから、脱サラすることに決めて、

周りにありとあらゆる人から「そんな挑戦無謀だから会社を続けろ!」

というありがたい助言を全て振り切った。

 

もしも食いっぱぐれたとしても、また会社に入ればいいのだ。

思うようにいかなくても自己責任だから後悔がないだろう!

 

と思いながらも、

せっかく信頼を積み上げていた会社での営業を急に辞めたことに責任を感じたり

200件以上のお客さんに辞める挨拶周りをしたら、

意外と応えるものがあった。

 

会社の仕事も最後のギリギリまで働かされながら、

車を売ったり、東京の家を決めたり、引越しの準備をしたりと

今までにないくらい忙し過ぎた。

そんなこんなで東京に来てすぐに燃え尽き症候群になった

レベルの高いビジネス仲間と切磋琢磨して、もっと上を目指したい!ともっと本気でビジネスに挑戦することを決める。

東京は、やはりレベルの高い人がごろごろいて、

たまたま会った人がその市場の有名人だった!なんてことが頻繁にある。

僕がよく会っている方々は、こんな人たち。

 

・サイトアフィリエイトのみで月収200万円を超えて、夫婦でアフィリエイターをやっている。

・銀座に会社を持つバリバリの女性経営者で、

飲食店、エステ、法人コンサルなどありとあらゆるビジネスで成功を収めている方

・体に触れなくても、体の不調を見抜いて指一本で治せてしまう人。

・体に障害を抱えながらも、社会の役に立ちたいと努力したら資産が億を超えた方

・ADHDを抱えながらも、企業で管理職になって自分が動かなくても回る仕組みを社内で築いた、32歳の綺麗な奥さんと娘さんを持つパパさん

 

などなど、言えるものもあれば、言えないものもあるのですが、

みなさんすごく優秀で素晴らしい方に囲まれている。

 

向上心に溢れながらも、

人助けや価値提供を怠らない周りの方々に僕も負けるわけにはいかない。

自分で個人で稼げる強い個人を増やして、自分の人生をデザインできる人を増やしたい!

自由な生活の楽しみはもう十分なので、

もっと学んで、知識や技術を身につけて自分のレベルを上げたり、読者に価値のあるものを届けていきたい。

また、個人でまとまった金額を稼げたり、

僕のように独立する人をどんどん増やしていきたいと本気で想っています。

 

「自分の人生をデザインできる人を増やしたい!」

というのが、僕の想いの詰まった理念です。

 

今の時代は会社がいつ、どのタイミングで急にリストラを言い出すか読めなくなってきました。

名だたる家電メーカー、工場、メガバンク、大学職員、

などなど、どんどん人を減らしているのがニュースでも明らかです。

 

物が溢れる時代なので、

バブル期のように大量に生産するだけでは、物が売れない時代になりました。

テレビという娯楽よりもネットのメディアを見る人が増えてきたり、

逆に個人だからこそ、企業と差別化してネットというツールを使って成功する人が増えてきました。

 

個人が稼いでいくことにおいては、時代的にすごく恵まれています。

今では年収数千万のベテランフリーランスでも、

家賃すら払えない人が大量にいたのが、ネットが普及する前の日本でした。

 

それだけ、個人のポテンシャルがある時代です。

会社員でも個人でも、どんな生き方をするにしてもビジネスを学ぶことは圧倒的に有利です。

僕の発信では、ブログとメルマガを使ったコンテンツマーケティングがメインとなっています。

自動で物が売れるシステムを個人でも作れるのです。

 

・魅力的なコンテンツを作る力

・セールス

・文章力

・マーケティング戦略を組む力

・コンテンツを組み合わせて、自動で物が売れるシステムを作る力

 

これができれば、企業でも希少価値が上がりますし、

ネットだろうがオフラインだろうが自分でビジネスをやるにしても有利で、

ビジネスをやらなくても面白い話ができる頭のいい人だ!と思われます。

そんな人を僕は本気で増やすべく発信をしていきます。

 

詳しくは、無料で配信している僕のメルマガで話しています。

やまのメルマガ

では、以上です。ありがとうございました。

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、強く自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける人を増やしたいという、
強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。


興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント