吃音のストレスは、大人でも根深過ぎる!吃音を乗り越えた僕の実体験!

こんにちは、やまです。

今回は、僕が20年間程苦しんできた

吃音(きつおん)のストレスをどのように改善すれば良いか?

僕の実体験と共に話していきます。

 

普段は、インターネットを使ったビジネスの発信をしていますが、

元々の持病であり、コンプレックスの吃音についても、

たまに発信をしています。

やまの情報発信の理念や想いを語ってみた!

 

なぜ、吃音についても発信するのかというと、

20年以上苦しんだ吃音を、かなり改善出来て、

吃音だったと暴露すると、かなり驚かれるようになったからです。

 

今でも言葉が出にくくて苦しむ事もあるのですが、

小学生の時に吃音でいじめられていた時から比べると、

かなりマシになりました。

 

吃音って、相談出来る人が少ないし、理解してもらえる事も少ない。

だからこそ、吃音(きつおん)という、他人から理解されにくく、

誰にも相談出来ないような苦しみを抱えている人の助けになりたいと

僕は本気で思っています

吃音のストレスは大人でも根深すぎる

吃音のストレスって、半端なくないですか。

客観的に考えて、非常に厄介な病だと思うのです。

子供の吃音は、いじめられたりとか、

 

苦しみが分かりやすいものですが、

大人になっても、吃音って非常に大きいストレスになります。

 

ちなみに吃音とは、言葉を喋ろうとしても、なかなか声が出ない病です。

「どもる」とも言います。

吃音のストレスが半端ない理由をまとめると、

・他人から理解されにくい(言葉を話すのって簡単だろって思われる)

・仕事の朝礼、電話、プレゼンテーションなど、大事な時に言葉が出なくなる

この2点についてと、最後に僕が解決した方法を話します。

吃音の一番のストレスは、他人から理解されない事

吃音の一番のストレスは、他人から理解されない事です。

例えば、風邪とか花粉症とかって、

周りの人が同じ苦しみを体験した事があるものなので、わかってもらえやすいです。

 

・異性からモテない

・会社で上司が気に食わない

こういった事も、周りが同じ経験をしているからこそ、

非常に理解しやすいのです。

 

しかし、吃音は100人に1人くらいの病と言われていて、

理解出来る人は、ほとんどいません。

 

僕も何度も言われた事がありますが、

「シンプルに話すだけなのに、なぜ出来ないの?」

「ちゃんと喋ろよ!遅いんだよ!」

 

こんな風に責められるんですよね。

 

確かに、自分が経験していなければ、

僕もそんな風に思っていたのかもしれませんが、

簡単に出来る事なら、とっくにやっていますと言いたいのです。

 

あと、「考えて喋ろ」とかアドバイスを受けた事がありますが、

「お前は吃音じゃないから、分かんねえだろうが!」とブチ切れそうになりました。

考えていない馬鹿だと思われるのも、結構ストレスです。

僕は慣れていますが、それでも良い気持ちはしません。

吃音のストレスは、仕事の朝礼、電話、プレゼンテーションで失敗する事

もう1つの吃音のストレスは、大事な時に不意に失敗してしまう事です。

仕事での、朝礼、電話、プレゼンテーションなど、

これは大学時代でもそうでしたが、本当に大事な場面で喋れなくなってしまうのです。

 

僕が新卒時代に入った会社では、朝礼という文化がありました。

それは、全員の前で挨拶や1日の流れ、今日の一言などを話すのですが、

マジで毎回失敗しかしなくて、恥をかきまくりでした。

 

僕の朝礼を聞いている人の顔をみると、

非常に心配そうな目をしている人や、ゴミをみるような目でみる人など、

とりあえず、やばい空気しか流れていないのです。

 

でも、一番の問題って、それでも僕が吃音持ちだって事を

職場のみんなは分かりませんでしたし、

僕だって面接とかで話す事なんて出来ませんでした。

 

なぜなら「自分吃音です」と言ったら、落とされる確率が上がるからです。

言ったところで、何のメリットもないだろうなと思ってしまうのです。

あと、シンプルにそんな勇気ないわって感じですね。

 

今でも、非常によく覚えているのですが、

僕は22歳の時に、喋る仕事は全部諦めようかなと思っていました。

 

大学の時のプレゼンは全部失敗してましたし、就活には一苦労、

会社では迷惑かけますし、喋らない仕事を探そうと、

当時、新卒で会社に入ったものの、

転職の為にプログラマーのスカイプ面接とかも受けていました。

 

もしも、結婚するとしたら、結婚式の挨拶とかあるよなって、

結婚もしていないのに悩んでいましたw

でも、かなり深刻だったのです。

吃音の改善を諦めていた僕に転機が訪れる

吃音の改善を諦めていた僕に転機が訪れました。

それはインターネットを使ってブログ、YouTube、メルマガで情報発信を始めた事です。

と同時くらいに、新卒で入った会社で営業マンに異動させられた事です。

 

あんだけ、僕が喋れないキャラで決まっていたのに、

営業マンに異動させるとは、なかなかの会社でしたよねw

その会社、僕が辞めると言っても、やめさせてくれなかったのです。

 

で、その会社を辞める為に、ブログを始めました。

なぜ、これが転機かと言うと、

 

・常に言語化の練習をする

・心理学やライティングを学んで、コミュニケーションスキルがアップする

・YouTubeで1人プレゼンテーションの連続

・営業で嫌でも喋る、説明をさせられる

 

これらを続けていく上で、

痛感したのは、喋れない理由は吃音だけではなく、

そもそも喋り慣れていない問題もあった事でした。

 

もともと、頭も良くなかったので、

とにかく説明する事が下手だったんですよね。

となると、喋る意欲も減って、喋る事が嫌いになるという流れになるのです。

 

しかし、毎日、会社でも喋るし、YouTubeでも喋るし、

ブログやメルマガでは文章を書くという事をやっていると、

嫌でも言語を使う事に慣れていきます。

 

そんな時に、当時働いていた会社で営業マントレーニングがありました。

その時のプレゼンで、緊張せずに話す事が出来て、

かなり良い評価をもらう事が出来たのです。

YouTubeで喋りまくっていたので、多少の自信があったからですね。

 

この時、初めて喋りで多くの人から褒められました。

もう泣くほどのレベルでうれしかったですね。

YouTube動画100本撮ってみたら、吃音のストレスが激減した

YouTubeで100本チャレンジをした事がありました。

その動機は、動画コンテンツを増やしたいと言う事と、

吃音を改善したいという想いからです。

 

先ほども話した通り、

22歳の時に吃音を諦めて、喋りからは遠ざかろうと本気で考えていました。

 

しかし、色んな人がYouTube動画を作り続けて、

喋りが上手になっている姿を見ると、

「僕も喋りを改善できるのではないか?」と微かな希望が湧いてきたのです。

 

ただ、その色んな人は吃音ではありません。

だから、不安もありましたが、少なくとも今よりマシになれば良い。

そんな風に思って、動画を100本撮りました。

 

すると、吃音がかなり改善されて、

吃音に対するストレスも激減しました。

 

「ってか、本当に吃音がマシになってるー!」

と信じられない感じですよ。

 

夢や目標でも、

・出来ると思ったら叶えられる

・出来ないと思ったら叶えられない

 

こんな言葉を昔のひねくれていた僕は、嫌っていましたが、

今では本当にその通りだなと実感しました。

ブログ、メルマガのアフィリエイトや情報発信は、喋れなくても稼げる

僕は吃音を乗り越えたかったのもあって、YouTubeをやりましたし、

吃音で悩む方には、是非、YouTubeを顔出なし、無編集でも良いので、

おすすめしたいです。

なぜなら、吃音の方の喋りが少しでも良くなればと思うからです。

 

こんな事を先に言っておいて、矛盾っぽく聞こえるからもですが、

ブログやメルマガでのアフィリエイトや情報発信は、

喋らなくても、学んで続ければ稼ぐ事は可能です。

 

要は、喋らなくても生計を立てられるものだということです。

以前、僕の吃音は時に悪化をして、

親とすら全然スラスラ喋れない時がありました。

 

そんな記憶があるからこそ、

喋らなくても良い仕事というものを、

大学生の頃から何度も考えて、探しまくりました。

 

・プログラマー

・工場勤務

・車の整備士

 

などもありましたが、

ブログやメルマガ,、SNSでの発信は、

言語化の力を鍛えながらも、喋らずに仕事が出来ます。

 

もちろん、最初は時給0円で積み上げる訳ですが、

時給や月給じゃない代わりに、しっかりと実績が積み上がります。

ブログの記事なら、書けば書くほど、閲覧数が上がりますし、

そこにおすすめの商品の紹介とかをして、売れればアフィリエイト収入が入ります。

 

ということを僕は知って、

自分の人生のセーフティーネットの為にも、発信をするのは良いなと思ったのです。

 

詳しいビジネスの話は、メルマガで行っています。

登録は無料で、ビジネスの有料セミナーなどのプレゼントも付けているので、

ぜひ、興味があれば登録してください。

プレゼント付きメルマガ登録はこちら

 

ということで、今回は吃音のストレスと乗り越え方についてでした。

ありがとうございました。

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、強く自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける豊かな人を増やしたいという、
強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。

書籍に感想をくれた方には、 3時間の有料級コンテンツセミナーをプレゼントしています。

興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント