吃音を改善して、別人のように喋りが上手い!と言われた。吃音を直す方法やきっかけについて!

はい、どうもこんにちは。やまです。

僕は記事を書く以外にYOUTUBEでも喋っていて、更新しています。

 

吃音を改善したトレーニングはYouTubeだった

YOUTUBEで喋るようになってから、

少しは喋れるようになったかなーくらいに自分では思っていたのですが、

周りから見ると、僕が思っている以上に成長したらしくて、最近言われたのは

「やま、あんなに喋るの苦手だったのに、いつの間にそんなに上手くなったの?何があったの?」

と僕に直接言ってくる人もいれば、

僕のいないところでもこの討論をしたという風にも聞いています。

でも、無理ないかもしれないです。というのも、

 

僕は吃音で、人前で喋るのが周りのみんなをビビらせる程下手であがり症で、

コンプレックスでトラウマでした。

だから、喋るという機会からは極力逃げてきました。

吃音を改善する前の辛かった学生時代の話

一番過酷だったのが、大学の授業でした。

僕の行ってた大学の授業ではプレゼンが多いものもありました。

 

国際文化学部だったので、海外の文化や英語学習方法などを学ぶのは楽しかった。

でも、それをプレゼンしろって課題が出た瞬間には、具合が悪くなって不安でいっぱいだった。

だいたい2週間前くらいにプレゼンの課題が出るのだが、

 

「うわーまじで、最悪。公開処刑だ。逃げたい。」

こんな感じで、本番までの2週間は毎日不安で、心臓に悪い日々を送っていた。

どうすれば、喋れるようになるのかってことを全く考えなかったし、

 

もう諦めていた。どうせ俺には無理だよって。

でも、喋れるようになるために、何もやらなかった自分に対して今はすごく後悔しているし、

本当にダメダメだったなって思います。

 

プレゼンの本番には上がりまくりで、足は震えて、前に立つことすらやっとのことだった。

緊張で喉もカラカラに乾き、喋ろうとしても「あのー、ええと、そのー、、、」

とばかり連呼して、聴いている人を見ると、僕を心配そうに見る人や、笑いをこらえている人。

 

案の定、プレゼンは大失敗に終わり、落ち込んで今まで以上に自信を失くす。

喋りの上手な人の発表を見て、

「いいなー、あの人は才能があって。どうせ俺には無理だから。」と羨まし

く思っていた。

 

悔しくもなかった。だって完全に諦めていたからだ。

それから、大学でも、仕事でも、遊びでも、

人前で喋るという機会を避けれるだけ避けてきた。

 

不意に喋ることになった時には、本当に大失敗しかしなかった。

そのまま、僕は人前で喋るのが極度に下手な奴ってキャラで人生を過ごしていくはずだった、、、

ネットビジネスを始めて、YOUTUBEを撮ればうまくなるから!と自分に言い聞かせました。

 

続ける人少ないし、やるだけで変わるから。と色んな人をみて思いました。

確かにYOUTUBEを始めて、喋りがすごく上手になった人を何人か僕は知っていた。

でも、僕にはYOUTUBEで喋って動画を更新していくなんて、無理だと思っていたし

 

YOUTUBEで情報発信をしていくなんて、絶対に向いてないし、恐いからやりたくなかった。

でも、この際やってみて何本も動画を撮ってそれでも無理だったら次の手を考えようと思った。

 

なぜなら、「喋るだけで人に価値を与えれるコンテンツを僕も作れるようになりたい」

コンプレックスもトラウマも全部解消して周りを見返したいっていう気持ちもあったからだ。

吃音を改善したい!たとえ、どんなに恥をかいて、失敗してきたとしても。

この際、僕はYOUTUBEに賭けてみることにした。

最初は、自分のスマホを使って1日の出来事を録音したり、

何かについて思ったことをひたすら喋ってみたりと、

とにかくハードルを下げて実践してみた。

吃音の改善なんて、自分にはできるのか?とショックも受けた日々

引用元:https://grapee.jp/229372

聞きなおすと、

「なんだこの酷すぎる音声は?マジで死にてえ。とほほ、、」

という感じで超へこみまくった。

 

いざ、YOUTUBEを撮るとなると、言葉が出てこなかったり、あのー、ええと、まぁの連呼で、

最初は動画1本撮るにも2時間くらいかかった。

この動画とかも単に喋る練習でした。

このYouTubeチャンネルも元々は人に見せる気は無かったんすよね。

 

クオリティーが低くても自分の動画がやっと1本できた時にはすごく嬉しかった。

「こんな俺にも動画を作ることができるんだ」って

あと、雇っていた外注さんに記事の添削を動画で撮って渡したら、

 

外注のライターさん 「すごく丁寧でわかりやすいです。ありがとうございます。ここまでしてくれる人はいなかったです。」

すごく喜ばれて、飛び上がりたいほど超嬉しかったのは今でも忘れられない。

動画を撮るだけでも精一杯だったけど、人に喜んでもらえるとは夢にも思わなかったからだ。

 

それから、僕はネットビジネスで学んだことや、便利ツール、記事の紹介、商材のレビュー.

など

色んな動画を撮ってきた。

今、もうすぐ50本くらいになりそうってことで、100本まではまだあるが、少しは喋れるようになったかなーと

頭の片隅くらいで思っていた。

 

吃音なのに、人前で喋らせれる機会が。会社で急に50人超えのところで喋らされ、嫌な記憶がフラッシュバックし足が震える。

 

最近、仕事のプレゼンだったり、人前で話す機会が割と多くなってきた。

それも急に50人くらいの前で喋ることになった。

僕は少しは人前に慣れるだろうと思いきや、

 

過去にプレゼンを大失敗して、

散々恥をかいたり自分が情けなくなって、

もう一生人前で喋るものか!と自分をひたすら呪った。

 

そんな記憶が急にフラッシュバックしてきて、

僕はひたすら体が震えた。

やっぱり僕にはできないって急に不安に押しつぶされそうになった。

 

そして50人くらいの前に立った時も、

僕の足は震えるし、

周りもこいつ大丈夫かという顔をしていたのだが、

 

Youtubeで練習してきたせいか、

言葉だけはすらすら出た。

 

そして、声のハリも前よりはでて、

何よりYoutubeと違って反応をもらえるのが

ちょっとだけ嬉しくもなった。

 

その挨拶はたった1分くらいで終わったのが、

確かに前よりは人前にビビらなくなったけれど、

まだ緊張はしていて足が震えていたから、

喋り終えた後には、椅子に座り込み、

 

「やっぱり俺には喋るのができないと落ち込んだ。」

いつものように肩を落として、反省をしていた。

でも、周りの同僚や友達が、

「え、いつの間のそんなに話せるようになったの?みんな超びっくりしてたよ?」

 

と立て続けに言われて、

逆に僕がえ?マジで?という風に驚いた。

信じられないし、自己評価では許せないくらいだったけれど、

 

確かに前と対比して考えてみると

成長したのは確かだし、

正直言うと死ぬほど嬉しかった。

 

もっと自信を持ってもいいんだなって思えた。

でも、実際まだまだだし、全然満足はできない。

 

これからもっともっとレベルを上げなきゃなって常に思っている。

動画を1本上げただけで、色んな人からコメントもらって感謝されまくる人たちを知っているし、

僕はそこを目指したいからだ。

吃音は改善できる!喋りに慣れることと学ぶことで吃音はどんどん良くなる!

YOUTUBEってブログと違ってほとんどの人がやらないし、

ちょっとやっても続ける人が圧倒的に少ない。

動画にハードルを感じる人がかなり多いからだ。

 

 

ほとんどの人がやらないことを積極的にやれば、

希少性だって上がるし、目立った存在になれる。

喋って価値のある情報発信ができるようになったら、どこにいても重宝される。

 

もちろんロボットが発展しようが、何も恐くない。

単純作業と違って、ロボットには絶対にできないことだからだ。

動画って撮り始めるのはとっても簡単だ。

 

 

僕のようにパソコンMACを使ってればクイックタイムプレイヤーで

録画ボタンぽちって押すだけで誰でも簡単にできるし、

パソコンがなくても、スマホの動画撮影や録音でも簡単にどこでも動画って撮れる。

 

この記事を読んで、少しでも喋りを克服したいと思った人は

Youtubeでどんなことでもいいから話してみることを強くお勧めします。

家で1人でできるし、スマホの録音で喋るだけでもいい。

 

どんなに喋りに自信がなくても、絶対にうまくなれます。

今の現状よりたった1でも上達すれば、

次の一歩が見えるし、変わることができます。

 

マジで、人生変わります。僕は変わりつつあります。

ということで今回の記事は以上です。ありがとうござました。

関連動画載せておきます。

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、強く自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける豊かな人を増やしたいという、
強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。

書籍に感想をくれた方には、 3時間の有料級コンテンツセミナーをプレゼントしています。

興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント