映画「キングダム」の感想とストーリーまとめ!【ネタバレなし】身分制度や友のために本気で生きることについて。

こんにちは。やまです。

先日、映画キングダム実写版を観てきました。

僕は、キングダムの原作を全く読まないで観てきました。

 

そんな僕の立場から感想を一言で表すと、

「非常に最高!本気で生きるパワーを貰った!」です。

映画館での迫力が満天で、もう臨場感が最高でした。

 

観ていて涙も流しましたし、

身分制度についても深く考えました。

自分の中で忘れかけていたものも、思い出した気がしました。

 

これだけじゃ、何が何だかわからないので、

極力ネタバレ無しで、キングダムのストーリーや感想について詳しく書きます。

映画「キングダム」のストーリーを大まかにまとめてみた

早速、ストーリーについて話していきます。

時代は、紀元前245年。中国で・春秋戦国時代の話です。

西方の国「秦」で戦災孤児の奴隷の身分として、売られた少年が2人いました。

信(しん)と漂(ひょう)です。

 

主人公が信(しん)で、主役を演じたのが山崎賢人さん。

漂(ひょう)が吉沢亮さんでした。

この2人は兄弟よりも熱い友情で、いつかは奴隷を抜け出し、

「天下の大将軍」になる夢を抱いていました。

それを達成するために、剣術の腕を磨いていた二人の前に秦国王に仕える大臣・昌文君が現れたのです。

 

どういう訳か漂(ひょう)を王宮へ召上げることになったのです。

別々の道を歩み始めた二人でしたが、

ある晩突然、漂がも血だらけで死にそうな状態で信(しん)のもとに帰ってきました。

漂(ひょう)は地図を死ぬ寸前に渡しました。

 

なんとそこには漂と似過ぎている顔を持つ秦国王の嬴政(えいせい)が隠れ家とする場所だったのです。

漂(ひょう)は嬴政(えいせい)と似ていることから、身代わりとなって、

王都で起こった嬴政(えいせい)の弟の「成蟜の反乱」で命を落としました。

 

それを悟った信は激しく憤りつつも、

嬴政(えいせい)を守った漂(ひょう)の意志を引き継ぎ、王座奪還に協力することを決意しました。

やがて嬴政(えいせい)の本当の目標が7つに分かれている国々を「中華」を統一し、「唯一王となる!」ということを知り、

信は自分と漂の夢を叶えるために、嬴政(えいせい)と一体で命がけで戦っていくストーリーです。

映画「キングダム」の奴隷を観て、日本の奴隷の名残りについて、深く考えた。

キングダムの作中には、主人公と親友の2人が奴隷として売り出され、

幼少期なのに、飼い主から「高く買ったんだから働け!」と叩かれるところから物語は始まりました。

この奴隷という制度は、日本でも実際に以前は起こっていて、

詳しくは書けませんが、今も一部の地域では差別を受けている場所もあります。

 

その地域では、道路が整備されていなかったり、

身分を知られただけで、就職や結婚に響いたりするのです。

だから、彼らは身分を隠して、必死に生きているのです。

 

テレビでは放送禁止で、報道されることはありません。

とても考えられないことですが、今でも日本で起こっている問題なのです。

すごく悲しくて悲惨な問題です。

 

逆に、身分のある者は、

子供数人を車で轢いても逮捕されない現実があらわになりました。

芸能人の不倫騒動や麻薬問題に注目を集めようとメディアは、情報操作を行っているけれど、

本当に目を向けなければいけない問題は、他にあるのではないか?

 

もしも、逮捕されなかった方が麻薬をやっても、同じ対応なのかと思うと、

日本も色んな問題が複雑に絡み合っていると感じます。

ちなみに政治問題は、ブログで書くのも要注意なので、この辺にしておきます。

 

日本の奴隷の名残について、僕がどうこう言える問題ではないし、

どうこう言うことは、失礼にあたると思います。

でも、1つ言えるのは、頑張っている彼らを応援したい!ということ。

 

そんなことを連想しながら、僕は裕福な家庭に生まれた訳ではないけれど、

恵まれていることは確かで、頑張らなければと深く思いました。

映画「キングダム」の山崎賢人の演技がとてつもなく格好良かった。僕が感じ取ったこと。

映画キングダムのキャストは非常に豪華で、主人公の「信」は、イケメン俳優の山崎賢人さんでした。

すごく演技に気持ちが入っているように見えて、全身からキングダムの主人公を演じているよに見えました。

このキングダムの世界は、常に命の危険がともなう所で生きていて、

亡くなった親友との夢を達成するために、

自ら命の危険を晒して、戦いに挑む姿がただの漫画や映画とは思えませんでした。

 

なぜなら、海外では今も戦争をしていたり、非常に治安の悪い国も多くあるのです。

きっと、キングダムの信「しん」のような想いや行動を持って、

必死に生きている子供や大人が海外には大量にいます。

 

日本は、生活水準が世界でたった2パーセントの上位に君臨するほど、恵まれているのです。

なのに、大量の鬱やノイローゼ、年間3万人以上の確認されている自殺者や未遂者など、幸福度は異常に低いのです。

幸福度について、本当はたくさん話したいのですが、

住まいも、ご飯も、教育も全て恵まれていることを、いまいちど噛めなければいけないと思いました。

 

僕自身も、出版している書籍に書いていますが、

いじめられて、鬱で自殺を考えたこともありました。

でも、きっと当時なりに今の恵まれている現状を学べば、回復ももう少し早かったかなと思うのです。

そして、平和に生きているのだから、もっと全力で生きなければと強く思いました。

映画「キングダム」から「大切な人を守る」想いや行動の素晴らしさについて

先ほども言った通り、主人公「信」は亡くなった親友の「漂(ひょう)」の想いを背負って、

命がけで戦っていました。

これってよくあるストーリーと言えばそれまでですが、僕は深く学べることがあったと思います。

 

人が本当に力を発揮する時は、他人を想う気持ちです。

社会に出ると、損得の世界だったり、打算的なやりとりが良くも悪くも存在します。

でも、会社同士のビジネスの現場では、逆に打算が必要な場面は沢山あります。

 

打算が美徳だ!という考え方の人も多くいるので、

それについては、好きではないけれど一理あるのかなとも思います。

 

だからこそ、親が子を無償で育てる愛情だったり、

親友や恋人を守る気持ちというのは、一層希少価値が高くなります。

自分のエゴだけの世界は、本当につまらないもので、最後には何も残りません。

映画「キングダム」の感想を自分の仕事に重ね合わせてみた。

僕は「やま」という名前でブログやメルマガを運営しています。

プロフィールも載せておきます。

ネットビジネスで脱サラした「やま」のプロフィール

新卒で4年間働いた会社を辞めて、パソコン1つで起業をしました。

僕は、このような仕事をしているからこそ、

常に目の前の人に価値を与えることを考えなければいけません。

 

それは、商品を売った時だけではなく、

普段関わる人の役に立つことを常に考えなければ、

本当の意味でのビジネスマンには、なれないと思います。

 

目の前の人が困っていることに手を貸せるのであれば、

それは自分に金銭的なメリットがなくても、教えてあげたり、

話してあげる人になりたいと想うのです。

 

このインターネットという、

何もかもが効率的に行えて、学んで行動をして、コンテンツを作って仕組みを作れば、

売り上げが立ってしまう世界です。ちなみに勉強と行動は必要ですよ。

商売をしている異常は、お金の重みを常に持たなければいけないと思います。

 

自分の利益ばかりで接することは、自分が客の立場でもすごく嫌ですし、

自分がやられて嫌なことを他人にはやらないことが、僕の中での基本です。

そんなことを、キングダムは僕に再確認させてくれたように思います。

 

映画の感想は賛否両論かもしれませんが、

僕は沢山学べたし、良かったなと思いました。

では、異常です。ありがとうございました。

電子書籍の無料プレゼント


こんにちは。やまです。
僕は、ネットを使ったビジネスの発信をしています。

2016年にビジネスに出会い、 以前は会社で働きながら、 副業として挑戦していました。


副業のみで月収40万程になり、
脱サラをして上京しました。
最高月収で140万ほど稼いでます。


ビジネスを始めた頃は、
会社で使えないレッテルを貼られて、
鬱や自律神経失調症にもなっていました。


吃音やあがり症もあって、転職も失敗続き。
小さな希望を持ってビジネスに取り組んだところ
人生が大きく変わりました。


ブログやメルマガの「コンテンツ作り」
それらを自動化する「仕組み作り」
視覚化、戦略作り、セールス、マーケティングを学んで、

結果に結びついたので、大きく自信もつきました。


今まで、どんなに失敗続きだっとしても、
適切な学びと行動があれば、
人生を変えられることを、この発信では伝えたいです。


そして、強く自分で稼げるスキルを持って、
人生を羽ばたける人を増やしたいという、
強い想いがあります。


そんな僕の壮絶な人生ストーリーや、
ビジネス実践記をまとめた電子書籍を
メルマガ読者限定にプレゼントしています。


興味があれば、 ぜひ、受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
電子書籍の無料プレゼント